私、塚本健がご提供する 「コンサルティング」とは、
あなたのお店・会社の「目標・ビジョン」「課題」
そして「個性(魅力 ・強み)」に合わせて、様々な「戦略・戦術」
をアドバイスさせていただき、 貴社の繁栄のために、
売上・利益を上げ続ける「売れる仕組み」を共につくって成果を出す
「オーダーメードの経営サポート」になります。


まずはお客様の声をご覧ください。
(嬉しい評価をいただきました。感謝いたします)

短期的な売上アップならば「小手先の販促」で、ある程度カンタンにできます。
しかし、それはまるで「打上げ花火」
単発でパッと咲いては消えていく売上です。
継続的に売上・利益を高めるためには、それ相応の「売れる仕組み」がお店に必要なのです。

美容室などの店舗経営において、売上を上げる方向性は「3つの軸」に集約できます。 それは、

この3つの軸を高める主な施策として、例えば
①には「新規客アップ」、「リピーターアップ」、「失客防止」、「休眠客覚醒」など
②、③には「値上げ」、「アップセル」、「セールスステップ強化」、「メニュー改善」、「来店サイクル短縮」
などがあり、
お店の現状・課題をしっかりと分析したうえで、
最適かつ具体的なアクションをアドバイスしていきます。

いろいろとご相談をお聞きする中では、
①の「客数を増やす」取り組みをなんとなくやっているお店が多いように思います(某ポータルサイトなどで)。
しかし、1つの軸だけで大きな成果を出そうとしてもなかなかうまくいきません。

例えば、「顧客数1,000人 客単価7,000円 年間来店回数4.5回」
の美容室があるとしましょう。

このお店の年商は...

1,100人×7,000円×4.5回 = 3,150万円

になりますね。

では、もしこの3つの数字がほんの10%アップしたらどうなる
でしょうか?

1,100人×7,700円×4.95回 = 4,192万円

なんと、年間約1,000万円、133%の売上アップにつながるのです。

同じ成果を、1つの軸だけで出そうとすると大変な労力がかかります。
例えば、上記の例で①の客数増だけでやろうとすると、一気に330人 の集客が必要になります。

そうではなくて、

「客数UP×購買単価UP×購買頻度UP=売上UP」のマルチプリケーション(3要素のかけ算)

バランスと相乗効果で、効果的に売上を上げていくのです。

また、「施策の質」も重要です。
競争激化している今の時代、闇雲にチラシやショップカード、ホーム
ページなどの販売促進(戦術)をやるだけでは成果は出づらいです。

大きな成果を出すためには、
「お店の個性(経営理念、魅力・強み)」や「顧客感情」、「数値分析」
などを考慮した、
深みのある「戦略レベル」の施策が必要です。

私のコンサルティングでは、
オリジナル戦略メソッド「でらウリ(DERAURI)の法則」などを用いて、
一段高い「戦略レベル」の視点から、
この「売上を上げる3つの軸」を高める施策を効果的にアドバイスさせていただきます。
なので成果が出るのです。

売上を上げる施策(戦略・戦術)を考える上で、そのノウハウと共に とても大切な要素があります。

それは「お店の個性」です。
お店には1店舗1店舗の異なった「個性」があります。

私の言う「お店の個性」というのは、例えば
経営理念やサロンコンセプトの中に流れる「想い」や「価値観」

技術やサービス、人などが持っているそのお店ならではの「特徴」

そして、その「特徴」の中でもさらに尖(とが)った、
他店と差別化できる独自性の高い「魅力・強み」(USP)のことです。

カンタンに言うと、「お店らしさ」ということです。

この「お店の個性」をしっかり理解したうえで、戦略・戦術を展開
していくことが、売上アップの重要ポイントです。

ですから、私のコンサルティングでは売上を上げる方法論を一方的に伝えるということはしません。
「お店の個性」をオーナーにしっかりお聞きしながら、あるいは一緒に考えながら、
そのお店に合った戦略・戦術を一緒に創り上げていきます。

自分の「お店の個性」を自信を持ってワクワクと打ち出していくからこそ、オーナーとスタッフは感情移入して
その戦略・戦術を実践できるし、
お客様を惹きつけるパワーがお店に宿る―

これまでのコンサルティング経験から、私はそう信じています。

もし、あなたが今「お店の個性」がわからなくても全く問題ありません。
それは、今はまだお店やあなたの中に眠っているだけです。
売上アップの改善を通じて一緒に探求していきましょう!

逆に、はじめから「お店の個性」をご自身でちゃんと理解していたクライアント様は少ないです。 これは、人が自分の良いところになかなか気づけないのと同じですね。

この「個性」を認識・構築するには客観的な眼(発見する力)を持つこと
が必要なのですが、プロのコンサルタントはその眼を持っています。
ちなみに、私のコンサルティングでは
「経営理念の作成、リニューアル」「魅力・強み(USP)の構築」など、
「お店の個性づくり」という面に おいて、クライアント様からの満足度は高いです。

最も成果の出る、力強い「売れる仕組み」のつくり方というのは、
このようなあなたの「お店の個性」と「戦略」と「戦術」が気持ち良く一本筋が通っている状態を作ることにあります。

その「一貫性のパワー」がお客様を惹きつけ、スタッフを巻き込むのです。

チラシやホームページなどの販売促進、つまり「戦術レベル」に偏(かたよ)っているコンサルタントさんも多いと思いますが、私は1店1店の「お店の個性」を大事にして、より顧客(とスタッフ)を巻き込んでいける
「戦略レベル」からのアドバイスを心がけています。

今、美容室では高性能の顧客管理システム(POSレジ)を入れているお店がたくさんあります。
私のクライアント様でも多いです。
しかし、その機能をちゃんと活かせているお店はどれくらいあるのでしょうか?

使う人間がちゃんと「観るべき数字」を知り、その趨勢(流れ、変化)を管理・分析していく
「習慣」を身に付けなければ、いくら詳細な分析ができる高性能なシステムも宝の持ち腐れです。
この「正しい数値管理」は、変化が厳しい今だからこそ非常に重要になっています。

私は、例えば「新規再来店率」「リピート率」など、
お店ごとの経営向上のために重要な数値指標を、
『CCP』(クリティカル・コントロール・ポイント)と呼んで
います。
この『CCP』を分析し「選択と集中」をして施策を行っていく
ことで、
「てこの原理」のごとく同じ労力でより大きな成果を出すことが
できるのです。

『CCP』はお店によって異なりますが、
これを見つけて「正しい現状把握」が常にできていることが経営において超重要です。
なぜなら、現状のCCP数値の状態で、
今やるべきアクションがガラッと変わってくるからです。


しかし、このような正しい数値管理がはじめからできていたお店は、私が知る限りほとんどありません。
これからの時代、このような数値管理の防御無くして継続的な繁盛はありえません。

高性能の顧客管理システムはあると便利です。
しかし本当に重要なのは、「観るべき数字(CCP)」を知り、
その動きを管理していけるオーナーとスタッフの力であり、その「習慣」です。
それができればアナログ管理でも十分なのです(手間はかかりますが...)
コンサルティングを通じて、お店の数値管理レベルも高めていきましょう。

コンサルティングを導入して店舗改善を推進していくことで、オーナーはもちろん、幹部・一般スタッフの
「経営的スキル(マネジメントスキル)」の向上も期待できます。

ここで言う「経営的スキル」とは、 「売上を上げる力」のことであり、「今を変える力」です。

コンサルティングでは、スタッフさんを交えての「戦略ミーティング」も行っています。
(※コンサルティングのプランによります)

お伝えしましたように、私のコンサルティングは一方通行ではなく、お店と共に改善していくスタンスなので、
スタッフさんも一緒にミーティングに参加して経営改善に取り組んでいくことで、
「売上を上げる知識」はもちろんのこと
「目標達成能力」「問題解決能力(ロジカルシンキング)」がグングン向上していきます。

学校などでは学ぶことができない、
このような実践的な「売上を上げる力」を、
オーナーはもちろんのこと、スタッフのみなさんも習得できる貴重な機会になるのです。

今、新店出店や後継者育成の理由で
「店長・幹部候補を育てたい」というニーズは高くなっており、 そういった
理由も含めて、コンサルティングを導入される方が増えてきています。

コンサルタントの売上を上げるノウハウや考え方が、オーナーだけでなく幹部・スタッフ全員に浸透したら頼もしくないですか?
実際、入社して1年目のスタッフが、店長顔負けの解決策をミーティング内で提案する、というのもよくある風景です。
そのうち、スタッフさんは自ら現状を分析し、目標を設定し、適切なアクションができるようになってきます。

お伝えしたように、「経営的スキル」とは「売上を上げる力」であり 「今を変える力」です。

こうした「ポジティブな思考習慣」が自社のスタッフに根付くことは、「売れる仕組み」と同じく長期的にお店に 利益をもたらす財産となります。
ただし、このような人財育成効果は、お店の改善をコンサルタントに丸投げしないで、オーナーが率先して行動を していく姿勢が必要なのは言うまでもありません。

オーナーの背中を見て、スタッフは感じ、思考し、行動していくのです。

あなたは、お店・会社の「経営的な未来」をどのくらいイメージできていますか?
美容室市場で言えば、23万件を超える店舗過多と、景気不安少子高齢化によってますますの
顧客獲得競争の激化が予測されています。

このような外部環境の変化に負けず、経営基盤を作り、価値を創造し、利益を高め、
あなたの望むやりたいこと、ビジョンをあきらめずに叶えていくためには、
3年先をイメージした、具体的な<経営戦略力・計画力・実行力>が必要です。

1年の単なる売上計画やキャンペーン企画では足りません。
そのような近視眼的なものではなく、
3年先をしっかり足り据えた「営業戦略」、「商品戦略」、「人財育成」
などの「経営基軸」を持って、
望む未来からの一貫性のあるロードマップをつくること、
すなわち「戦略的中期経営計画」をつくることが
オーナーの目標・夢の達成を近づけるのです。

うまくいっている会社には、
必ず、血の通った戦略的な中期経営計画が存在します。

未来イメージから引っ張った経営計画をいま明確に打ち出して、
オーナー自身はもちろん、スタッフ全員がすっきりした状態で行動していけるかどうかで
お店・会社の成長と将来は決まります。

「戦略的中期経営計画」策定のメリットを整理しますと、

このように、今の時代だからこそ必要な中期経営計画ですが、
あまり作られていないのが現状です。

その理由としては、作り方やポイントが分からないということが
あると思います。
また、専門的にアドバイスできる人がほとんどいないという現状
もあります。

しかし、「目的地」「方向性」「達成手段」がしっかり定まって
いる船こそが、安全に、かつ目標期間内にそこに到着する航海が
できるというのは明らかですよね?

「戦略的中期経営計画」をつくるとは、つまりそういうことです。
この策定と実行を通じて、
<経営戦略力・計画力・実行力>を会社の文化として定着させていきましょう!

以上、私のコンサルティングではこの成果を生み出す「5つのポイント」を中心にして、 あなたのお店の
売上・利益アップをサポートしていきます。

 

ここからは、私の自己紹介も踏まえながら、上記の成果を生み出す「5つのポイント」の他にもう少し私の
コンサルティングの特徴とメリットをお伝えしていきたいと思います。
(クライアント様から「良いところ」としてご評価いただいている内容もありますのでご参考ください)

私は、銀行員からコンサルタントへ転?後、これまでスタッフ数3名の美容室から大手FCチェーンまで、
様々な美容室で経営改善のお手伝いをさせていただきました。

クライアント様と共にサロン経営の本質を考えていく中で、
美容室とはヘアスタイルをきれいにするだけでなく、顧客に様々な「価値」を提供できる社会的意義を持
つ場所になれることと、その「経営的特性」は他の業種にはマネできない、とても素晴らしい魅力・強みを
持っていることに気づかせてもらいました(

その「美容室専門」「売上・利益アップに特化」した店舗コンサルティングの経験、クライアント様と一
緒になって実践し結果を出してきた経験が、私のコンサルタントとしての感性とスキルを磨いてくれまし
た。クライアント各社様には本当に感謝しています。

(補足:美容室の「経営的特性」について主な点を整理しますと、①健康な国民の大多数が定期来店し、②スタッフは専門家
としての人間関係・信頼関係を長期的かつ個別に築けることができ、③全顧客カルテ管理(個人情報の取得)や、④2?3時間
という長時間滞在から深いレベルのコミュニケーションが可能であり、⑤顧客データの蓄積により多彩な分析ができ、
⑥その結果、質の高いワントゥーワン・ マーケティングを実践することができます。
その反面、店舗過多によるマーケットの飽和(競争激化)や、専門スキル獲得までのスタッフ育成期間が非常に長く (売上が
作れるスタイリストになるまで3年?4年)、離職率が高い、などの経営リスクもありますが、それらを加味しても素晴らしい
可能性を秘めた業態 だと思います。) 

 

「売れる仕組み」をどう作るか?というテーマで練り上げてきた、上記
「5つのポイント」
を含めた効果的なコンサルティング手法は、美容室
などのサロン経営はもちろん、他業種でも応用することが可能です。

実際に、美容室以外ではネイルサロン、居酒屋、農園、福祉系サービス
などの会社からもコンサルティング依頼をいただいてますので、美容室
以外 の業種の方でもご興味あれば一度ご相談ください。

コンサルティングでは、クライアントのお店に足を運び、面談やミーティングの機会を積極的につくることに
努め、現場を通じて「オーナーの視点」、「スタッフの視点」、「お客様の視点」を養いました。

そうやって、クライアント様と一緒になって経営改善をお手伝いしてきた中で気付いたことがあります。
それは、売上を伸ばし続ける繁盛店をつくるためには、教科書的な経営理論だけでなく、
人間心理の深い理解と、その複雑な心に寄り沿う効果的なコミュニケーションが必要だということです。

私はそのような経緯から、DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)をはじめとする様々な購買心理学、社会心理学のテクニックから、コミュニ ケーションの専門家であるセラピストのスキルまで、幅広く人間心理の研究に没頭しました。
そして、このような心理学のエッセンスと、大手コンサルティングファームから学んだ論理的なコンサルティング手法をブレンドし、そのコンサルスタイルが成果を上げご好評をいただいています。

上記成果を生み出す「5つのポイント」の根底には、
この「論理」「感情」の両面の要素がそれぞれに含まれています。

私のコンサルティングでは、そのクライアント様にあった効果的なアドバイスや、粘り強く一緒 に成長ステップ
を踏んでいくことを心がけていますので、コミュニケーションを何より大切にしています。

良いところに目を向けてそれを育み、苦手なところは一緒になって克服していきます。 何でも相談できる安心感
や、チャレンジする自信を持ってもらうこと、ワクワク感を大切にしています。 こういったスタンスですので、 クライアント様からは「癒し系コンサルタント」とご評価いただくこともあります(笑)

もちろん、なあなあになることはありません。
しかし、「叱る」とか「詰める」という厳しい指導を求めている方は、正直物足りなさを感じると思います。
しかしながら、これは私のコンサルティングのスタンスですのでご了承ください。

脳科学的に見ても、人間は適度の緊張感と心地良いリラックスした状態にあるときにその能力をフルに発揮する
ことが分かっています。
実際に、そういう状態のクライアント様との対話の中では、素晴らしいアイデアが次々と浮かんでくるものです。

チャレンジを楽しむ、成長を楽しむという感覚を持って、安心してコンサルティングを受けていただけたらと
思います。
私はあなたの伴走者として、一緒になって目標・ビジョンを目指していきます。

ちなみに、コンサルティングの契約期間は1年の自動更新になりますが、長いところでは10年続いている会社も
あり(2015年現在)とても良い関係が築けています。

ご自身の自己実現や、スタッフやお客様のために一生懸命に経営をされて、さらに成長していきたいという意欲のある経営者のみなさまを、私は心から尊重しています。

徹頭徹尾。私塚本が全てのコンサルティングを担当します。
電話、メールでの相談もすべて私が回答します。
すべてを管理することで、より深くお店や会社のことを理解することができ、きめ細かいオーダーメイドの
サポートが可能になります。

なので、感覚としてはコンサルタントを導入するというよりも、
「社外に自分の右腕となる経営幹部を雇う」という表現のほうが近いかもしれません。

コンサルティング会社によっては、契約時には熟練のコンサルタントが対応して、契約後に担当が変わったり
新人を起用するということもあるようです。
しかし、コンサルタントがすべて一人でコンサルティングを進めていくことには2つのメリットがあります。

① 第3者の介入がないので、コンサルティングのクオリティのブレが出ません。
そして、経営者やお店の情報をより深く知ることができるので、1店1店のお店の個性に合わせた、
オーダーメイドのコンサルティングをすることができます。

② 人を使わないことで人件費をカットでき、比較的導入しやすいコンサルティング料?の設定ができます。

また、反対にデメリットもあります。
それは、一度にコンサルティングできる件数が限られるということです。
物理的な時間の制約。こればかりはどうしようもありません。

ですから、コンサルティングにご興味のある方は、まずファーストステップとして「無料相談」(下記参照)にお申し込み・ご予約をしていただく流れになりますが、 コンサルティングの開始時期については、私のスケジュールを考慮したうえで応相談とさせていただきます。

ご希望のコンサルティングの開始日に沿えない場合がありますので、この点はご了承ください。


コンサルティングの様子
当社(株)大岡屋にて

コンサルティングってどんなことをするの?自分の悩みや目標に役立てれるの?など、
コンサルティングに興味は持っていただいても、いろんな迷いやお聞きになりたいことがあると思います。

私は、コンサルティングの前に、事前にそれらの疑問を解消していただけるよう必ず「無料相談」を実施しています。どうぞお気軽にご相談ください。
無料相談を受けてからコンサルティングをご検討していただいてOKです。

これは、私にとっても、オーナーの考え方やお店・会社の状況をお聞きできたり、ご期待される成果を出すコンサルティングが可能かどうかをみるための良い機会になります。
もちろん守秘義務を遵守していますのでどんなことでも遠慮なくご相談ください。

一歩踏み出すことで、あなたの経営がより良く変わるきっかけになるかもしれません。

※「無料相談」のお申し込みはこちら

クライアント様との実践事例や成果をもとに、
その手法や成功ポイントをセミナーというかたちでわかりやすく
お伝えしています。

企業様や商工会議所様からも講師のご依頼をいただいています。

受講者数は延べ1,000人を超えており、
受講者様のアンケートからは「わかりやすい」、「実践しやすい」など、ご好評をいただいており、主催者各社様からもリピートをいただいています。
コンサルティングの質をはかる1つの要素になるかと思います。

セミナー開催実績の詳細はこちらをご参照ください。


経営セミナーの様子
中部経済新聞様主催

コンサルティングの日程は、毎月クライアント様にご都合の良い日時を教えていただき、
なるべくご希望に沿えるよう調整していきます。
場所については、訪問での対応ができますので利便性は良いと思います。
(地域によって交通費、宿泊費を別途いただきます)

また、当社にご来社いただいてコンサルティングを実施する場合は、
ミーティングルームを完備しておりますので、
リラックスした空間の中で、集中してコンサルティングを受けていただくことができます。

遠方の方でも、無料Web 通信サービス「スカイプ」を使ったコンサルティングが可能です。
ネット環境があればご対応できますので一度ご相談ください。


当社ミーティングルーム

コンサルティングには「4つのプラン」がありますので内容をご検討ください。
あなたのお店・会社の「目標・ビジョン」や「課題」、そして「個性(魅力・強み)」に合わせて、
様々な「戦略・戦術」をアドバイスさせていただき、
売上・利益を上げ続ける「売れる仕組み」をつくります。
各プランの詳細については、お気軽にお問い合わせください。

いかかでしょうか?

上記でお伝えしたように、私のコンサルティングは、専門的な経営改善のアドバイスはもちろんですが、
お店・会社ごとの課題や目標・ビジョンに対して、オーナーと一緒になって個別具体的なアクションを考えていくことができます。
それは、社外にオーナーの右腕を雇うという感覚に近しいです。

ちなみに、一般企業でもし右腕クラスの幹部社員を雇うとすると、
月60 万?80 万くらいの人件費がかかります
(また、そのような右腕幹部をいちから育てるには途方もない時間と労力とお金が必要となります)。

しかし、ご紹介したコンサルティングプランによっては、
例えば美容室のアシスタントの給与よりも少ない経費でコンサルティングが可能です。
そういう側面から見ても、コンサルティングの導入は価値があると思います。
あなたの望む未来に向かって一緒に、楽しみながら頑張って行きましょう!

コンサルティングのお申し込みについては、まずは「無料相談」で、今のお悩みや課題、コンサルティング内容について気になるところなどをご相談ください(予約制)。
私からもお店・会社の状況やオーナーのやっていきたい目標などをヒアリングさせていただき、お手伝いして効果が出せるかどうかを検討させていただきます。

その後、詳細なコンサルティングプランと費用をご提案させていただき、
ご納得いただいたら、スケジュールの調整、コンサルティングのスタートとなります。

また、コンサルティングをしても成果を出せないと判断させて頂いた場合、こちらからお断りをさせていただくこともあります。価値が見い出せないコンサルティングは不誠実であり意味が無いからです。
その際はご了承ください。
以下、コンサルティングのお申し込み条件についてもご確認ください。

「コンサルティング」お申し込みの条件

● 経営を良くしていこうとする意欲のある方
● スタッフを大切にする気持ちのある方
● お客様を大切にする気持ちのある方
● コンサルタントに依存せず、対等に一緒になって考えていくことができる方
● 知識を学ぶだけでなく実践、改善していく意欲のある方

以上の項目に該当する方。
該当しない方はご遠慮ください。

一歩踏み出すことで、あなたの経営がより良く変わるきっかけになるかもしれません。
まずは「無料相談」にお気軽にお申し込みください。